× CLOSE

丸和建設は、
SDGs(持続可能な開発目標)取り組んでいます

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月「国連持続可能な開発サミット」にて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際目標です。貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、「世界を変えるための17の目標」が掲げられ、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

世界を変えるための17の目標

丸和建設 SDGsへの取り組み

丸和建設が取り組む目標

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
Action1

ZEH、LCCM住宅を中心に
省エネ性の高い住宅を提供し、
消費エネルギー軽減と、
住宅内の「空気環境」「温熱環境」を
配慮した健康的な住宅を提供する

省エネ性の高い住宅(ZEH, LCCM)を積極的に提供することによる消費エネルギーの削減を促進する。
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 11.住み続けられるまちづくりを
自然素材を積極的に取り入れるなど、住まいの空気環境に配慮し、誰もが健康に暮らせる住まいを提供する。
3.すべての人に健康と福祉を 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 12.つくる責任つかう責任
住まいの高気密・高断熱化により部屋内の温熱環境を安定させ、ヒートショックなど、部屋内の健康事故を軽減させる。
3.すべての人に健康と福祉を 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 12.つくる責任つかう責任
SDGs事業認定証 認定証を見る
詳細はこちら
Action2

ジェンダーに限らない
「就業制度」と
「育成制度」を充実させ、
自己成長の場、
自己実現の場を提供する。

ジェンダーに限らない働きやすい職場環境へ
ジェンダーに限らず就業機会を平等にしている他、女性のリーダーとしての活躍比率を高めていく。また産休育休制度を活かした上、その後のライフスタイルに配慮の上、ジェンダーにとらわれない就労を提供する。
5.ジェンダー平等を実現しよう 8.働きがいも経済成長も
全社員に対し、研修会や勉強会の社内開催・支援とeラーニングを活用した社内教育制度による自己実現と成長への支援を行う。またプロフェッショナルとしての知識・技術支援を行う。
4.質の高い教育をみんなに
SDGs事業認定証 認定証を見る
Action3

植林活動・森林保全活動など、
子どもたちの良き教育となる
イベントを提供、協賛することにより、
地域に対し教育と
コミュニケーションの機会を提供する。

親子のコミュニケーション促進や子どもたちの豊かな成長となる教育イベントを提供、または積極的支援を行う。
4.質の高い教育をみんなに 17.パートナーシップで目標を達成しよう
地域の植林活動、また森林保全活動を通し、豊かな森林環境づくりを行う。また活動を通し、子ども達への環境保全教育と自然環境と触れ合う場を提供する。
4.質の高い教育をみんなに 12.つくる責任つかう責任 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
SDGs事業認定証 認定証を見る
Action4

マイクロプラスティックによる
海洋汚染を防止するため、
事業所内においてプラスティック製
ストローを使用しない。
またその他備品についても、
リサイクルや自然還元を留意する。

Action5

企業として、防災知識を身に着け、
防災活動指針を示し、
地域の防災活動または
災害支援に参加する。

Action6

丸和建設は、再エネ100宣言
RE Action協議会が運営する
「再エネ100宣言RE Action
(アールイー・アクション)」に
参加しています。

再エネ100宣言RE Action
(アールイーアクション)とは?

再エネ100宣言RE Actionとは、企業、自治体、教育機関、医療機関等の団体が使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示し、再エネ100%利用を促進する新たな枠組みです。参加企業は2050年迄に使用電力を100%再エネに転換する目標を設定しそれに向けての取り組みを行います。環境省もアンバサダーとして参加しており、再エネ化に向けた情報提供などが行われます。

再エネ100宣言RE Action(外部リンク)

丸和建設の宣言目標

丸和建設は2025年までに、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー)住宅の施工率だけではなく、
事業所の電力を再エネ100%のクリーン電力に切り替え、企業活動全体の再エネ100%を目指します。
より環境に配慮した事業を行うことで、丸和建設の活動が更なるSDGsアクションのひろがり、
魅力的な地域活性につながる事を期待しています。

中間目標
  • 2021年
    90%
  • 2022年
    95%
  • 2023年
    98%