2017年所信「健全なチームワーク」

 

1980年の創業以来、「心清事達(しんせいじたつ)」の精神で、注文住宅事業を中心に努めて参りました。創業37年を迎え、3600組を超えるご入居者様の喜びの声とあたたかい応援に丸和建設は支えられていると更に強く感じます。2017年は、「健全なチームワーク」をテーマに事業を行い、地域社会に貢献し、愛される組織へ、更なる変化・挑戦する年にして参ります。

 

最高のチームワークで

私たち丸和建設の想いは、安心安全な家づくりを提供し、ご入居者様ひとり一人が笑顔で暮らしていただく事です。その想いを形にする為に、良い「チームワーク」が必要です。家づくりはお施主様一人では行えません。ましてや住宅会社の一スタッフでは行えません。家づくりに携わる人間が、自分のことのみを考え自我に走った行いでは、本来あるべき家も、家づくりも決して良いものにはなりません。
詳細打ち合わせや図面の管理を行う設計スタッフ、現場管理や施工状況を管理する工事スタッフ、家づくりが円滑に進むよう段取りを行う営業スタッフ、メンテナンスを行うスタッフ、各スタッフを裏で支える事務スタッフ、大工をはじめ各職人や各協力業者、家づくリには多くの人間が携わります。そのひとり一人が施主様の事を考え、他のスタッフや同僚の事を考え、周辺地域や社会の事、自らの家族の事を考え、利他の精神で家づくりを行っていく。それが「チームワーク」で行う家づくりの根本です。
丸和建設が行なう家づくりには、施主様や入居者様を中心に、スタッフ一人一人が携わり、「チームワーク」で家づくり行います。そして、2017年は更なる強い「最高のチームワーク」を築き繋がり、更なる改善と共に安心安全な家づくりを行ないます。

 

健全に、謙虚に

「最高のチームワーク」の根源には、「健全な心」「謙虚な心」があります。善悪を考えない健全性の低い組織には、良きチームワークはありません。また「謙虚な心」が無い組織に健全性の高いチームワークは生まれません。
多くの人が携わる家づくりだからこそ、スタッフは「健全な心」と「謙虚な心」で、チームワークを意識していく事が必要です。そのひとり一人の心が、良品を生み、サービスを改善させ、丸和建設が目指すべき方向へと導きます。そして健全な経営、健全な家づくり・サービスの提供を行い、健全なチームワークのある組織へと育ちます。

 

活き活きと

家づくりに携わるスタッフひとり一人が笑顔で活躍する組織が、「最高のチームワーク」を生み、安心安全な家づくりを行えます。活き活きと活躍する為に、取り組むべき事が「働き方改革」です。プライベートも充実しており、もちろん仕事も一生懸命取り組む。そんな環境が健全な環境であり、活き活きとした組織に必要なものと考えます。
ITやAI・ロボットの進歩により、暮らし方が大きく変わってきました。同時に働く環境も数年前と大きく変わってきました。またIT機器などの環境だけではなく、社会や人の考え方・ライフスタイルにも変化が見られます。
「働き方改革」に当たり、決して品質・サービスの低下、スピードの低下に繋がってはなりません。更なる良品施工、更なるサービス改善をしっかりと取り組みながら、「働き方改革」を行う。つまりあらゆる作業の効率を改善していく必要があります。システム導入などによる業務改善、ムラのないフローの再構築、チーム連携によるミス・ロスの削減など多方面においての変革が必要です。多くの変化やチャレンジを行っていく年となります。

 

最後に、どんな取り組みにも「チームワーク」が必要です。多くの目標や変化に応え、乗り越えていくには、一人ではなく、チームで取り組むことが大切だと考えます。施主様や入居者様から、スタッフから、協力会社から、地域社会から更に愛される組織になる様に丸和建設チーム一丸になり、取り組んで参ります。「健全なチームワーク」で更なる改善・向上を「健全な心」「謙虚な心」で行います。

 

 

代表取締役社長 和田康伸

 

  • 会社概要
  • 会社概要
  • 沿革
  • 来場予約
  • 代表直通メール