× CLOSE
  • TOP
  • 作品集
  • 木の香りに包まれた開放感あふれる家

木の香りに包まれた開放感あふれる家

白と濃いグレーのツートンカラーが特徴のM様邸外観。中に入ると明るい色の木の床と真っ白な壁。壁はすべて自然素材の「幻の漆喰」でできており、床材は南九州産の飫肥杉材「音響熟成木材」だ。開放感あふれるリビングは木の床と真っ白な壁の効果も相まって、とても明るくなっている。また、キッチンからはリビングの様子がしっかりと見えるようになっていてパントリーも充実している。2階は子ども部屋と夫婦の寝室がメインだが、トイレも備え付けてある。実用性も高く、使い勝手のいい家となっている。

  • シンプルながらところどころにアクセントがあり、飽きがこないデザインになっている。庭もしっかり広くとってあるのもお気に入りポイント。
  • 明るく開放感のあるリビング。シンプルなつくりなので、好みに合わせてインテリアでテイストを変えることも可能。
  • 明るく印象の玄関。シューズクロークをしっかり設けているので収納にも困らない。
  • 踏面だけではなく手摺まですべてがこだわりの「音響熟成木材」になっている。

Category:2階建て, ナチュラルテイスト, 土間

もっと作品を見たい方 これから家づくりの参考にしたい方 実例集をプレゼント 資料請求はこちら
丸和の住まいを体験したい方 家づくりの相談や質問をしたい方 イベントに参加にする イベント情報はこちら